ぎっくり腰 vol.2【ぎっくり腰にならない方法となってしまった場合の対処法】

 

前回ぎっくり腰の原因についてお伝えさせていただきましたが、今日はその続きのぎっくり腰にならないための方法と、実際なってしまった場合にどのようにしたら良いかについてお伝えしようと思います。
※前回ギックリ腰vol.1【ぎっくり腰になる本当の原因は・・・】
まだご覧になっていない方はこちら↓↓↓

 

ぎっくり腰にならない方法

まず前回お話したように、ぎっくり腰の原因は腰になく、そのほとんどが股関節周りの筋肉が緊張することにより、正常な股関節の動きができなくなって腰に必要以上の動きが強制されひきおこされるとお伝えしました。予防という意味ではこの股関節周りの筋肉の緊張をとり、股関節の正常な動きをキープすることが大事になってきます。

具体的には臀部(おしり)と大腿部(ふともも)前面のストレッチをすることになります。

その方法ですが、まず臀部(おしり)の筋肉のストレッチは座ったままおこなえます。

デスクワークの方なども簡単におこなえますので是非やってみてください。

まずどちらの足が上でもいいので足を組んだ状態をつくります。

例えば左足が上なら左のふとももの裏と右のふとももの前側が接触していると思います。

次に上の足(この場合は左足)をずらして左足の外くるぶしの上あたりが右ふとももの前面に接触するようにしてください。(この時左の膝は外側に倒しても大丈夫です。

※画像はベッドの上で行なっていますが椅子に座ったままでも大丈夫です。

この状態のまま体を前に倒していきます。

注意するのは体をまっすぐにしたまま倒して下さい。

腰を丸めてしまっては意味がありません。

おしりの筋肉がストレッチされ痛気持ちいいところまで体を倒して30秒キープして下さい。

反対も同じようにおこないます。

30秒ずつ合計1分行なってください。次は大腿部(ふともも)前面のストレッチです。

これは立った状態で行います。

片足を大きく前にだして下さい。

後ろの足の踵はあげて大丈夫です。

体はまっすぐにしたまま前足の方の膝を徐々に曲げていってください。

体が前に傾かないように注意しながら行うことで後ろ足側の大腿部(ふともも)前面が伸びていっているのがわかると思います。

気持ちのいいところでとめて30秒キープしてください。

反対も30秒、合計1分行います。

臀部と大腿部合わせても2分でできるストレッチなのでぜひお試しください。

このように臀部と大腿部の筋肉を柔らかくする事で股関節の動きをキープする事ができ腰の負担が減り腰痛やぎっくり腰の予防になるのです。

 

ぎっくり腰になってしまったら・・・

では実際にぎっくり腰になってしまったらどうすればいいのでしょう。なってしまうと痛みでストレッチなどできません。

無理におこなうと悪化しますし患部に炎症が起きていますのでまずは患部を動かさないよう安静にし、冷やして下さい。

湿布などではなく、氷や保冷剤でしっかり15分くらいは冷やします。

直接当てると凍傷になる恐れがあるのでタオル越しか氷の場合はビニールを2重、3重にして当てて下さい。

歩いたり車を運転したりできそうならば整骨院を受診してください。

患部にひびかないように股関節周りの筋肉ををゆるめるように治療することで楽になります。

このように治療することで本来なら1週間〜10日かかるところを数日〜1週間にすることができますが1日で完治させることはできません。

無理をせず必ず安静にしてください。

痛みがとれてきたら必ず股関節周りのストレッチを行い硬くならないようにしてください。

そうすることで再発の防止につながります。

本来であればぎっくり腰にならないように予防することが大事なのですが、ストレッチなどをおこなっていなくて股関節周りが固まりぎっくり腰になってしまった場合はできるだけ早く痛みをとることと再発しないことを一番に考えてください。

腰痛の人必見!【一番多い原因は〇〇です】

なぜ病院で腰痛が改善しないのか

朝起きると腰が痛い方必見!痛みの原因と対処方法

▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』
・月ごとのクーポン配信
・自由診療メニューがすべて割引価格に!
・今までの常識をくつがえす健康の真実を配信

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
https://page.line.me/iwasenishiseikotsu