生野菜は人にとって必要?!

食事をするときご飯とおかずと一緒に生野菜にドレッシングをかけて食べる方も多いのではないでしょうか。

人が生野菜を食べるようになったのはだいたい40年くらい前からだと言われています。

それ以前は害虫などが野菜に付着していましたので生で野菜を食べることはなかったのですが、現代においては化学肥料や農薬のおかげで野菜に害虫がつくことはなくなりました。

そのために生野菜を食べられるようになったのです。

なぜ生野菜を食べるのか

確かに野菜には人間が体内で合成できないビタミンCなどが含まれているものもありますが、それは生野菜から摂取しても良いのでしょうか。

東洋医学の元となった中国。

その中華料理には生野菜のメニューは存在しません。

人体にとって化学薬品や農薬、着色料が体によくないということは皆さんご存知だと思いますが、ではなぜみんな生野菜を食べるのでしょうか。

40年以上前、つまり生野菜を食べなかった頃の人たちで長寿の方はたくさんいました。

なので長寿に生野菜が必要というわけではなさそうです。

生野菜を食べる理由としてよく「水溶性ビタミン」であるビタミンBやCを摂取するためだという方がいます。

確かにこれらのビタミンは熱に弱いのですが、焼いたり炒めたりしても全体の2割程度しか失われません。

反対に生野菜のまま食べようとしても結局水洗いしないと食べれないので水で洗います。

すると水溶性ビタミンが水に溶けて流れてしまいますが、これも2割程度だと言われています。

つまり生のままでも炒めても取れるビタミンの量はほとんど変わらないのです。

体内でビタミンCを合成できない理由

人は元々は体にとって必要な成分は体内で合成できるようにできていました。が、約2000万年ほど前からビタミンを体内で合成する力が失われました。

理由は食事、つまり食べものでビタミンを補えるようになったからだと言われています。

食事で補えるならわざわざ体内で色々な器官を稼働させて合成しなくてもすみますね。

必要のないものを削ぎ落とし、環境に適応するために新たな機能を取り入れることで進化してきたヒトの形が現在の私たちなのかもしれませんね。

生野菜を食べる理由と必要性

結論から言うと生野菜が私たちに本当に必要かどうかはわかりません。

ですがどこかの雑誌で「生野菜ダイエット」などと特集されてしまうと生野菜を食べること=良いことと思ってしまいがちなので注意したいですね。

また「おいしいから食べる」という方もいると思います。

しかしあれはドレッシングなどをかけるから美味しいのであって生野菜が美味しいわけではありませんよね。

実際には水溶性ビタミンを炒めた野菜からも摂取できることがわかっているので、そうなるとわざわざ野菜を生で食べる必要があるのか考える必要があるのかもしれませんね。

HDL(善玉コレステロール)とLDL(悪玉コレステロール)の真実

サラダ油の危険性

減塩食の危険性

▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』

・美容と健康に関するお得な情報を配信します。
・どちらかにご登録いたのにだくと骨盤矯正が500円に!
・自由診療メニューがすべて割引価格に!

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://brutality-ex.jp/fx24617/iwase

LINE@
https://page.line.me/iwasenishiseikotsu