腱鞘炎の真実 【手首の痛みの本当の原因と治し方】

最近はお仕事でパソコンを使う方も多いと思います。

1日何時間も座ったままパソコンに向かってお仕事をしていると腰痛や肩こりはもちろんなのですがさらに手首が腱鞘炎になる方もいます。

腱鞘炎はその名の通り手首の腱の炎症なので冷やして安静にするのが一番だと思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに間違ってはいませんがそれだけでは治りません。

腱鞘炎の本当の原因

腱鞘炎とは手首や指を使いすぎた為、手の腱や腱鞘に負担がかかり痛みが出る症状です。

仕事やスポーツで手を使う方や、産後の女性がなりやすい傾向があります。

どこを調べてもこう書いてありますし、病院に行ってもそう言われると思います。

本当でしょうか?

では手をいくら使ってお仕事をしたりスポーツをしたりしてもならない方もいます。

産後の女性でも同じで全ての方がなるわけではありません。

実は腱鞘炎になる方の本当の原因は別にあります。

「腸腰筋と呼ばれる腰や骨盤から大腿骨についているお腹側の筋肉と大胸筋と呼ばれる胸の前の大きな筋肉が緊張している状態のまま」手首や指を使いすぎてしまうと高い確率で腱鞘炎になってしまいます。

これが本当の原因であり、なる人とならない人の差でもあります。

人の体は皮膚や筋膜で一つにつながっています。

腱鞘炎は手首に痛みが出るので一見手首が悪いと思ってしまうのですが、実はお腹の筋肉と胸の筋肉が緊張することで手首の腱はストレスがかかっている状態になります。

この状態で手や指を使うとすぐに痛めてしまいます。

なので治療は手首だけを診ていても治りません。

安瀬にしていたら少し良くなるけどまた手を使うと痛くなる、この繰り返しの方は今からお伝えするストレッチをやってみてください。

 

腱鞘炎の治療法

まずは腸腰筋と呼ばれるお腹の筋肉をストレッチしましょう。

ここを伸ばさないで手首の治療だけしていてもあまり効果が期待できません。

次に大胸筋呼ばれる胸の筋肉をストレッチしてください。

最後に腕の筋肉をストレッチしてください。

この順番でストレッチを行った後に手首の痛みを確かめてみてください。

楽になっているはずです。

また炎症の治療として一般的な「安静」や「アイシング(冷やす)」も大事ですが、これらのストレッチと組み合わせて行うことで腱鞘炎の治りが早くなります。

お仕事やスポーツで常に手を使う方は治るまでサポーターやテーピングなどで固定する事をオススメします。

腱鞘炎は手を使う以上は勝手には治りません。

放っておくとなかなか改善が難しく我慢しているとどんどん症状が悪化するのでもし腱鞘炎で悩まれているのであれば当院までご相談ください。

下を向くと首が痛い!【改善しない原因を大解剖】

猫背を改善する簡単な方法!

▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』
・月ごとのクーポン配信
・自由診療メニューがすべて割引価格に!
・今までの常識をくつがえす健康の真実を配信

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://promotion-ex.com/rg/24617/6/

LINE@
https://page.line.me/iwasenishiseikotsu