睡眠の目的と睡眠不足の解消方法

なぜヒトは眠るのでしょう。
意識を失うという異常な状態であるにもかかわらず人間だけでなく全ての動物は眠ります。

もちろん目的があって眠るわけですが、その目的がわかれば睡眠不足も解消できます。

よく聞く話の「レム睡眠とノンレム睡眠が…」とか「○時までに夕食を取れば深い眠りに」といった対処療法的な話ではなく、学問的に睡眠を知ることで睡眠不足を解消していきましょう。

 

睡眠の目的

そもそも睡眠の目的は二つあり、ひとつは体の老廃物をとることで、もうひとつは頭(脳)の疲れを取ることです。
体の老廃物は個人差はありますがだいたい4時間半横になっているとなくなります。

私たちが家事や育児をしたり仕事をしたり運動をしたりすることででてくる老廃物とそれを処理する肝臓や腎臓のバランスが崩れると老廃物が体に溜まってきます。

これが「疲れた」という状態です。

老廃物が生み出される速度が処理する速度を上回るとこの「疲れた」という状態になります。

そこでベッドに横になり安静にすることで老廃物が生み出される速度を落とすことができ、今度は肝臓や腎臓が老廃物を処理する速度が上回ります。

通常肉体労働をしてもだいたい4時間半横になっていると老廃物はなくなると言われているのです。
なので睡眠の最低時間は4時間半と言われています。

もちろん個人差があるので人によっては肝臓や腎臓の働きが強ければ3時間で回復する人もいるでしょう。

もうひとつの頭(脳)の疲れについてですが私たちが見たものは「画像」として脳に蓄積されます。
その画像が脳にどんどん溜まっていくことで脳が疲れてきます。

それを整理し記憶として定着させるのに約2時間半かかると言われています。
これがレム睡眠と呼ばれる浅い眠りの時に行われます。

レム睡眠時は脳の神経伝達物質は起きてる時と同じ量分泌されていてこの時に脳の画像を処理します。
よく「勉強した後に眠ると忘れない」と言われている理由ですね。

ちなみに深い眠りのノンレム睡眠時は神経伝達物質は起きてる時の約半分にまで減り脳を休めます。

つまり体の老廃物の処理に4時間半、脳の整理に2時間半で別々に行っても合計7時間。

同時にできる人であれば4時間半でもいいことになります。
なので睡眠は4時間半から7時間が望ましいと言われているのです。

実際7時間以上寝てもやることはありません。

この睡眠の目的である体の回復と頭の回復が追いつかず次の日キツイ、体がだるい、頭が回らず判断力が鈍る、イライラしたりやる気がなくなったりするという状態が睡眠不足です。

 

睡眠不足を解消するには

睡眠の本来の目的である体と頭の回復ができればたとえ意識を失う睡眠ができなくても「睡眠不足」の状態から抜け出せます。

先ほども書きましたが人間は起きている間に視覚から入った情報を「画像」として脳に蓄積していくので眠る時は視覚からの情報をシャットアウトしましょう。

目を開けていたり部屋を明るくしたりしていると絶えず目から情報が入ってきます。
つまり目が開いていると頭がゆっくり休めないのです。

まずは部屋を暗くし目を閉じて視覚からの情報を無くし何も考えないようにしてください。
考え事をすると脳を休めることができません。

その状態で7時間横になればたとえ意識を失う睡眠じゃなくても寝たのと同じ効果があります。

このとき眠れなくてもベッドの中で動き回らないようにし体を休めてください。

それだけで睡眠の二つの目的は達成できるのですが睡眠不足に悩まれている方は意識を失う睡眠が大事だと考えている方がほとんどです。

そのため「眠れないどうしよう」「明日も早く起きないといけないのに」と考えてベッドの中で動いたりしてしまうか体と脳を休めることができないのです。

また病院で睡眠導入剤をもらったりお酒の力を借りるのも逆効果です。

薬やお酒で老廃物をため、「眠らなきゃ」「どうしたら早く眠れるんだろう」と悩み考え続けることで頭を疲れさせているから本来の睡眠の目的である体と頭の回復ができないのです。

まずは「眠らなきゃいけない」という意識をすて、部屋を暗くし余計なことは考えず目をつぶって横になり安静にしてください。
「じっとしているとついつい考え事をしてしまう」という方もいると思いますが、そんな時は音を小さくして音楽をかけても大丈夫です。

聴覚からの情報は視覚からの情報より脳が全然疲れません。
リラックスできる音楽を流していれば考え事をしないですむのならその方がよいです。

これだけで無理に眠らなくても十分に回復でき睡眠の目的は果たせます。

つまり意識を失う睡眠じゃなくても全く問題ないのです。
ただし最低でも4時間半は横になるようにしてください。

たったこれだけで睡眠不足の時に起きる症状から解放されます。
起きる時間から逆算してベッドに入る時間を決め部屋を暗くし目を閉じ横になるだけなので誰にでもできると思います。

あなたも今日から「眠らなければいけない」という意識から解放され睡眠本来の目的である体と頭の回復さえできればよいという意識を持ってください。

気が楽になり体と脳を回復できるようになると眠らなくても睡眠不足の症状から解放されます。

 

▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』
・月ごとのクーポン配信
・自由診療メニューがすべて割引価格に!
・今までの常識をくつがえす健康の真実を配信

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://promotion-ex.com/rg/24617/6/

LINE@
https://page.line.me/iwasenishiseikotsu