HDL(善玉コレステロール)とLDL(悪玉コレステロール)の真実

あなたはHDLとLDLについてどれくらいご存知でしょうか?

なんとなく脂肪をとりすぎるとコレステロールが増えるしHDLは多い方がよくてLDLは少ない方がいいと考えているのではないでしょうか。

よくテレビや雑誌でも「HDL(善玉)を増やすには〇〇が有効」や「善玉を増やし悪玉を減らす食事」など取り上げられたりしていますね。

今日はこれらの真実についてお伝えしようと思います。

善玉と悪玉の勘違い

まずはこの二つコレステロールと呼ばれていますが実際は蛋白質です。

そもそも脂質(コレステロールやトリグリセリド)は水に溶けないので、血中にそれ単独では存在できません。

必ず脂質はアポ蛋白質と呼ばれる蛋白質と結合し、粒子状のリポ蛋白質と呼ばれる状態で存在し血中を循環しています。

このリポ蛋白の中のアポ蛋白質と脂質の比重の割合でHDL(High Density Lipoprotein)、LDL(Low Density Lipoprotein)と呼ばれているのです。

ですがコレステロールという名前だとどうしても脂質だと思ってしまいますよね。

次に善玉は多い方が、悪玉は少ない方がいいというのも間違いです。

悪玉と呼ばれるLDLは必須のコレステロールであり、確かに増えすぎると血栓などの原因になるものの一定量は必ずなくてはならないものなのです。

一方善玉はコレステロールを末梢組織から引き抜き肝臓へ輸送するいわば「お掃除コレステロール」なのです。

どちらも大切でどちらも重要な役割がありますが「悪玉」と聞くとなんだか悪いもののようで少ない方がいいイメージですね。

 

コレステロールが少ないと…

実際にコレステロールが少ないと細胞にダメージを受けます。

細胞膜はコレステロールからできているためです。

そのためこのコレステロールが少ないと認知症や物忘れなどをはじめ老化しやすくなることも分かっています。

またガンになりやすいとも言われています。

そもそもHDLやLDLの正常な数値というのは非常に曖昧な数値なのです。

なぜなら健康な人ではなく病院に来る人たちのデータをもとに「これ以上は病気の人が多いから健康のため200以下が良い」というふうに決められているので実際に健康な人はHDLやLDLがどのくらいなのか分かっていないのです。

これはコレステロールだけでなく血圧や運動の基準なども同じことが言えます。

人間は一人ひとり違います。

万人に共通する基準などそもそもあるのでしょうか。

血圧が150でコレステロールが300あっても健康な人もいれば血圧が140でコレステロールが200でも病気になる人もいます。

一概に基準を決めて「健康のためこれ以下にしよう」というのはやはり無理があるのではないでしょうか。

もちろん血圧やコレステロールが高いと認知症やがんのリスクは減りますが反対に血管系の疾患の確率は高くなります。

低ければ反対に血管系のリスクは減りますが認知症やがんのリスクは高くなります。

つまり一人ひとりの生活習慣によって予防したい病気や許容できるリスクも変わってくると思うのです。

あなたも健康のためにどちらのリスクを許容し何を予防するのかによってあなただけの血圧やコレステロールの基準を決めてみてはいかがでしょうか。

糖尿病の真実【糖質制限なしでもこうすれば糖尿病は防げる】

▼▼30年後も今と変わらず好きな趣味を続けるために

『岩瀬西整骨院公式メルマガ&LINE@』
・月ごとのクーポン配信
・自由診療メニューがすべて割引価格に!
・今までの常識をくつがえす健康の真実を配信

今すぐどちらかにご登録ください。

メルマガ
https://promotion-ex.com/rg/24617/6/

LINE@
https://page.line.me/iwasenishiseikotsu